腸のむくみが便秘の原因となることがあるのをご存知でしょうか?腸のむくみといってもピンと来ないかもしれませんが、便秘においてかなりやっかいなものです。たむくみ腸の改善方法についてご紹介しています。

むくみ腸を改善するエクササイズで腸をすっきり!

むくみ腸にはエクササイズが効く!

むくみ腸を改善するには、食事はもちろんですがエクササイズを併用することでより効率がよくなります。便が詰まりやすい部位を刺激するよう、毎日のエクササイズを継続したいですね。ここではそのエクササイズ方法をご紹介します。まずは腸もみとをしながらのエクササイズです。便が詰まりやすいといわれる左の肋骨の下と、右の腰骨のあたりを左右の手でギュッとつかみます。手でそれぞれの箇所をつかんだままの状態で、骨盤を左右同じ回数、10回ずつゆっくり回してください。慣れるまではやりにくいかもしれませんが、慣れれば骨盤を回すだけなので手軽に行えるエクササイズです。腸をつかんで刺激しながらのエクササイズの別バージョンは、左右の脇腹をぐっと掴んだ状態での骨盤まわし。両方行っても3分程度で終わりますので、朝晩2回行うことを習慣にしてください。

ワンランク上のむくみ腸エクササイズ

骨盤回しに慣れてきたら、前屈やボクササイズを意識したエクササイズを加えてみましょう。前屈は、立った状態でお腹をぐっとしぼり、そのまま前にゆっくりとかがんでいきます。ギリギリまでかがんだら、今度はつかんだ手をそのままにして、後ろにゆっくりと反りましょう。これはストレッチに近いエクササイズですが、腸を刺激できると同時に背中の曲げ伸ばしができ、肩こりや腰痛対策にもなるのでおすすめです。ボクササイズは、立った状態でボクシングをするように両手を交互に突き出します。このとき、腰をしっかりひねりながら行うのがポイントです。左右交互に10回ずつ、これらのエクササイズも朝晩2回行ってください。前屈ストレッチはどこでも手軽にできるので、職場や学校などで休憩時間に行うのもよいと思います。エクササイズをしたからといって、すぐに便通があるわけではアリませんが、継続することで確かな効果を感じられるはずです。内臓機能の活性化にもつながる、おすすめのエクササイズのご紹介でした。

参考:あなたのむくみ腸度をチェックして、便秘改善に役立てよう

© その便秘、もしかしたら「むくみ腸」が原因かも!?